2011年02月21日

新燃岳の火山灰利用

新燃岳の噴火で膨大な被害が報告されていますが、
その火山灰を利用して、ガラス細工や煉瓦造りをしていました。

他の地域でも、噴火後の火山灰を利用して、ガラス細工を作成しているようで人工的には作られない味わい深い色がでるそうです。

同じ火山灰だからといって同じ色がでるわけでなく、地域によって(山によって)
発色が違うとのこと・・・
自然が造作する神秘さを感じました。

スタッフ


posted by ITF at 16:03| 奈良 ☀| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。