2010年11月10日

iMovieからiDVDコンバートの際の画質劣化

iMovieからiDVDへ動画を共有して書き出すと、かなり画質が劣化するんですね。最近の液晶TVでは見るに耐えない画質の悪さなんですなぁ。。。コレが。

iDVDで最高画質にしても改善は見られず。
そこで、iMovieでHD画質で単純にいったん、デスクトップ等に書き出して、書き出したムービーファイルをiDVDで取り込むと画質が改善されているようです。

おそらく、共有の際のエンコードにDVDサイズに圧縮、劣化してしまうんでしょうね。
Final cut Studioとの差別化を図るための作為的なものなんでしょうか?
いくら、MAC標準のソフトとはいえこれはないです!




posted by ITF at 10:33| 奈良 ☁| Comment(0) | チュートリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。